種と苗から育てていくブルーベリーの栽培方法

ブルーベリーを育てる

ブルーベリーは種からでも苗からでも育てることができます。様々な育て方があるのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

ブルーベリーの植え付け

東西で時期が違う

ブルーベリーを植える適切な時期は東西によって違います。関東地方より東側であれば3月あたりに、西側であれば10~11月あたりが適期です。

休眠期初期または終わりに

苗を植える時期は1~2月は避けて、芽や根が成長を止める時期の休眠期初期または終わりに植えるようにしましょう。

元気のある苗を

ブルーベリーの苗が元気かどうかの特徴は、鉢の中いっぱいに根が張っていて、根元に新しい枝が太く生えていることです。しっかりと元気に育った苗を植えることで雑草に負けずに育ちます。また、幼い苗であれば1年間ほど鉢で育てた後に植え替えると、丈夫で枯れる心配が無くなります。

地植えをする

酸性の土を耕しておき、そこに直径は約80cmと深さ約30cmほどのブルーベリーの苗が入るほどの穴を掘っておきましょう。そこに、苗の根が地表に広がって伸びるように植えて根元に土を寄せて下さい。そのときに土を固めないようにしましょう。その後感想を防ぐために土の上に藁やもみ殻を敷くと地植えの完成です。

鉢植えをする

ブルーベリーの苗よりも1回りほど大きい鉢を用意しましょう。その中に鉢底石を敷き詰めて3分の1ほど土を入れます。ブルーベリーの苗を取り出して鉢の中心におきます。苗を置いたら隙間が無くなるように苗の周りに土を敷き詰めます。最後に水を挙げると鉢植えの完成です。

苗や種から育てる

ブルーベリー

種を取り出す

ブルーベリーの完熟した実をすりつぶして種を取り出しましょう。この種を育てていきます。

茶色の種を選ぶ

すりつぶして取り出した種は茶色と白色に分かれています。白い種は発芽しないので茶色の種を選びましょう。

3月まで保存

茶色の種を取り出した後は乾燥させて保存しましょう。気温が上がる3月まで大事に保管します。

湿らせておく

気温が上がると、濡れた脱脂綿の上に種を置いて常に湿らせておきます。感想しないように常に脱脂綿を湿らせておくように注意しましょう。

発芽後に植木鉢へ移す

ブルーベリーの苗が発芽した後は、種まき用のポットや鉢植えに移し替えて育てていきます。ブルーベリーの種まきから育て方の手順があります。

新着情報

ブルーベリーの特徴

ブルーベリー

苗や種から育てる

ブルーベリーは種から育てることや苗から育てることができます。様々な育て方があるのでやってみましょう。

READ MORE
庭

ブルーベリーで病気を予防

ブルーベリーは食べると様々な病気の予防をすることができます。健康にも良いブルーベリーを家庭で栽培するために育て方を覚えてみませんか。

READ MORE
広告募集中